>>> 書籍のご紹介/書籍一覧/内容紹介


現代社白鳳選書 <48>
 
新版 ナイチンゲール看護論入門
 
― 『看護覚え書』 を 現代の視点で読む
 
金井一薫 著


本書は、初版本 『ナイチンゲール看護論・入門 ―看護であるものとないもの
を見わける眼』 では明示できなかった “『看護覚え書』 を現代の視点で構造
化して読む” という視点を 導入したことで、ナイチンゲール思想の真髄をより
分かりやすく浮き彫りにしています。
また、 ナイチンゲールの病気のとらえ方 = 病気とは回復過程である という
テーマを、現代の生命科学の知見を ふんだんに取り入れて 解説することに
よって、ナイチンゲール思想に新たな光を照らし、彼女の思想の斬新さをより
クッキリと描いています。
ナイチンゲール思想は、 決して古びた思想ではありません。 超少子高齢化
時代の看護・介護のあり方と、 人類のこれからの健康を 志向していくときに、
大いなる道標となる 生命感あふれる思想です。 それは人間と生活を重視し、
大切に守り育てる という思想を根底に宿しており、 時代が変わっても変わら
ないものの見方を示しています。

■ 第1版/2019年/四六判/280頁
■ 定価 1,700円 (税別) ■ ISBN 978-4-87474-186-3



NEXT(目次を見る)| BACK(一覧に戻る)| HOME(トップへ)