>>> 書籍のご紹介/書籍一覧/内容紹介


 
育児認識学
 
―こどものアタマとココのはたらきをみつめて
 
海保静子 著


「保母は私の天職」と、大きく夢をふくらませてとびこんだ現場で著者を
待っていたのは、偏食をする子、ケンカをする子、言うことを聞かない子、
仲間に入れない子、暴力をふるう子であった。
 
なんとか解決の糸口をみつけたいと努力してみたが、当時保育界を
リードしていた教育者、社会学者、医者、心理学者たちが説く内容は
机上の空論でしかなく、保育の現場での問題を解決できないと
思い知らされた著者は、保育の世界に保育問題を解決してくれる理論が
ない以上、自らの力で創るしかない、と一大決心をした。
 
学問的実力を養成する研鑚と日々の保育実践によってここにようやく、
保育実践の事実から論理を導きだす科学的な方法で、保育の理論を
構築することができた。

■ 第1版/1999年/A5判/上製本/368頁
■ 定価 3,888円 (本体 3,600円 ) ■ ISBN 978-4-87474-100-9



NEXT(目次を見る)| BACK(一覧に戻る)| HOME(トップへ)