>>> 書籍のご紹介/書籍一覧/内容紹介


現代社白鳳選書 <6>
 
間ひとりとり
 
―現象学的精神病理学入門
 
J.H.ヴァン・デン・ベルク 著  早坂泰次郎・田中一彦 訳


ひとりの人間を理解するとは どういうことであろうか。
 
本書は、一般の精神病理学のテキストのような 症候の列挙や 症候群の
要約、そして一般的疾病の記述は いっさいなされていない。
 
ただひとりの患者を克明に観察し追うことによって、「その固有な存在」を
浮きぼりにし、「人間存在」そのものに迫っている。
 
それは「科学(看護)は観察から始まる」ということを 見事に実証するもの
であるといえるだろう。

■ 第1版/1976年/四六判/232頁
■ 定価 1,944円 (本体 1,800円 ) ■ ISBN 978-4-87474-057-6



NEXT(目次を見る)| BACK(一覧に戻る)| HOME(トップへ)