>>> 書籍のご紹介/書籍一覧/内容紹介


 
KO MI理 論
 
―看護とは何か,介護とは何か
 
金井一薫 著


本書は、著者の長年にわたるナイチンゲール思想の研究を基盤に構築された
看護や介護における 「ケアの原理論」 ともいうべき 「KOMI 理論」 の集大成
である。
その理論は、看護と福祉の連携のあり方を模索するわが国において、いずれ
の職種でも活用可能な ケアの根底に存在する原理を ナイチンゲールの思想
の中から導き出し、看護・介護の実践に展開できるよう構築された、まさに実
践のためのケアの原理論である。
いうまでもなく、優れたケアの実践には、それが看護職であっても介護職であ
っても、必ず 「看護とは何か」「介護とは何か」 という 「ケアの原理」が不可欠
であり、本書ではその本質と原理とを、看護と介護が共有する 「ケアの視点」
から提示して、かつ実践できるように構成されている。
すでに 「KOMI理論」 とその理論展開の道具としての 「KOMIチャートシステ
ム」 は、日本全国の多くの看護臨床と介護臨床の現場において活用されてい
るが、その理論の全体像が より詳細に著された本書の刊行により、今後ます
ます 「KOMI理論」 の確かな活用が促進されるであろう。

■ 第1版/2004年/B5判/168頁
■ 定価 2,160円 (本体 2,000円 ) ■ ISBN 978-4-87474-114-6



NEXT(目次を見る)| BACK(一覧に戻る)| HOME(トップへ)