>>> 書籍のご紹介/書籍一覧/内容紹介


 
実践を創る 新看護学原論
 
―ナイチンゲールの看護思想を基盤として
 
金井一薫 著


本書は、これまで長年、看護界・福祉界に身を置いてきた著者が、「看護とは
いったい何か」「看護師はいかにあるべきか」 など、これから看護学を学び始
める初学者へ伝えたい、 「看護の本質」 を まとめた一冊である。
第1部 「看護学の構造と看護の本質」 では、「看護とは何か」 を解看護の
目的論、 「看護における人間とは何か」 を問う看護の対象論、 「看護実践は
どのようにして展開されていくのか 」 という看護の方法論 など、 看護実践を
支えるための 「看護の原理」 が述べられる。
また、 第2部 「ナイチンゲールの看護思想」 では、 看護師 としてだけでなく、
統計学者や病院建築家、 社会改革者など、様々な分野で活躍 したナイチン
ゲールの 「7つの顔」 を紹介し、 真のナイチンゲールの姿が明らかにされる。

■ 第1版/2012年/B5判/280頁
■ 定価 2,592円 (本体 2,400円 ) ■ ISBN 978-4-87474-150-4



NEXT(目次を見る)| BACK(一覧に戻る)| HOME(トップへ)