>>> 書籍のご紹介/書籍一覧/内容紹介


 
医 学 原 論 (上巻)
 
医学教育 講義 ――
 
瀬江千史 著


「医学体系」 は、医療実践で明らかになった 事実という事実を 正面に据え、
人間とは何かをふまえて、その事実の論理化をはかり、さらに理論化し、
体系化することによって構築していくものである。
 
医学体系には 「正常な生理構造が病む過程」 を究明した理論 (病態論) と、
「病んだ生理構造の回復過程」 を究明した理論(治療論)の、二つの柱となる
理論が存在する。 そしてこの二つの理論の構築は、あくまで 「人間の正常な
生理構造」 を究明した理論(常態論)をその基盤に据えることによって、初めて
可能となるのである。
 
本書は、医学体系を説くにあたって、なぜ医学体系が必要なのかを明らかに
している。 それは端的には、「医療実践」 の事実を論理化し、理論化し、
体系化したところの「医学体系」を把持し、それを実際に適用した時に、初めて
「医療実践」 は見事な実践になり得るからであり、さらにそのような、見事な
「医療実践」 を行えるように医師を育てるのが、本来の 「医学教育」 でなけれ
ばならないからである。

【上巻】  第1版/2017年/288頁/定価 3,024円 (本体 2,800円 )
      四六判/ISBN 978-4-87474-183-2  * * * 上巻の目次へ



BACK(一覧に戻る)| HOME(トップへ)