>>> 書籍のご紹介/書籍一覧/内容紹介


看護学翻訳論文集 <1>
 
新版・看護の本質
 
V.ヘンダーソン ・ E.ウィーデンバック 他著
稲田八重子・池田明子・薄井坦子・上岡澄子・都留伸子・田村南美子
田村・外口玉子・鳥海美恵子・兼松百合子・林滋子・松本登美 訳


本書は、「看護とはなにか」、「看護独自の機能はどこにあるか」という
看護本質論の追究をめざした論文集である。
 
ここに収載された11人の研究者による16篇の論文は、いずれも古典的論考
としてきわめて重要であるとともに、看護本質論の追究における普遍性を
有したものといえるであろう。

■ 第1版/1996年/A5判/216頁
■ 定価 1,620円 (本体 1,500円 ) ■ ISBN 978-4-87474-090-3



NEXT(目次を見る)| BACK(一覧に戻る)| HOME(トップへ)