>>> 書籍のご紹介/書籍一覧/内容紹介/目次


 
なんごうつぐまさが説く
 
看護学科・心理学科学生への“夢”講義(3)

 

【 第1編 】 生理学から説く「夢とはなにか」
 
第1章 認識の発展の過程的構造を脳から説く
 
 第1節 “夢”講義は、みなさんそれぞれの夢の実現のためにこそ
 第2節 人間の脳には大きな二つのはたらきがある
 第3節 認識は五感覚器官・脳の成長との相互規定性で発展する
 
第2章 夢の解明に必要な「昼間の生理学」と「夜間の生理学」を説く
 
 第1節 夢は睡眠中に脳が勝手に描くものである
 第2節 脳自体の統括の二つのはたらきとは
 第3節 脳の統括は当然に弁証法性をもつ
 第4節 活動している「昼間の生理学」と休息している「夜間の生理学」
 
第3章 労働と睡眠の関係を説く
 
 第1節 人間の睡眠は労働による疲労の回復のためである
 第2節 学問的に説く労働とはなにか
 第3節 「疲れ」と「疲労」は違うものである
 第4節 「疲労」は哺乳類としての運動からの逸脱による

【 第2編 】 生理学から説く「思春期の論理構造」
 
第1章 「心の闇」を認識論的に説く
 
 第1節 「心の闇」がおこした事件
 第2節 「心の闇」は赤ん坊の頃から育つ
 第3節 他人にも自分にもみえない育ちのゆがみ
 
第2章 「心の闇」を脳の生理構造から説く
 
 第1節 脳は反映した像を自分流に発展させる実力をもっている
 第2節 思春期の脳の特殊性
 第3節 生活環境の違いで脳の創られかたが違ってくる
 第4節 思春期の脳への「ネット社会」の影響
 第5節 「狂想」へと転化させる思春期の脳
 第6節 心のゆがみは「心の教育」だけでは治せない

【 第3編 】 学問的に「夢とはなにか」を説くための礎石
 
第1章 夢の学問的な解明に必須の過程を説く
 
 第1節 観念論の立場では夢の学問的解明は不可能である
 第2節 夢を唯物論的に説くには脳の解明が必須である
 第3節 「いのちの歴史」から説く人間の認識への発展過程
 第4節 人間の認識=像は外界の反映と相対的独立に発展する
 第5節 脳は神経を介して労働と睡眠の異なった統括をする
 
第2章 学問的でない夢の専門家の実力を説く
 
 第1節 夢に関する専門家の見解を問う
 第2節 人類の歴史的な文化を学ぶことなしに夢は説けない
 第3節 夢の解明は脳が夢を描かされる過程的構造を説くことである
 第4節 『“夢”講義』感想文―夢を学問的に説くとはいかなることか
 
第3章 夢に関わって人間の脳の統括の過程的構造を説く
 
 第1節 人間の脳の統括は四重構造の性質をもつ
 第2節 労働により日々ゆがめられる人間の体と「ツボ健康法」を問う
 第3節 「ツボ」「経絡」に関する専門家の見解を問う
 第4節 「ツボ」「経絡」は動物体と人間体の相克により誕生したものである
 第5節 労働の過程的構造に夢の問題を解く鍵がある

【 第4編 】 学問に必須の「認識論」「弁証法」とその上達の構造を説く
 
第1章 認識論における海保静子の業績を説く
 
 第1節 認識論の理論的実践家としての海保静子
 第2節 認識論は弁証法とともに学問成立に必須のものである
 第3節 恩師三浦つとむの認識論の内実を問う
 第4節 認識の問題が解けない三浦つとむの認識論
 第5節 海保静子に「認識とは何か」の像の展開を学ぶ
 
第2章 講義録「弁証法の上達の構造を問う」
 
 第1節 学問としての弁証法が技化した頭脳による「目次」立てを説く
 第2節 学問構築に必要な大志・野望は空想的認識の一種である
 第3節 学問構築には対象の全体像の把握と弁証法の学びが必須である
 第4節 歴史上弁証法の全体像を提示できた学者はいない
 第5節 弁証法の実力をつける過程的構造を説く
 第6節 弁証法は脳の実体が量質転化するまで学ばなければならない
 第7節 「弁証法の上達の構造」における落とし穴とはなにか

【 第5編 】 看護の夢の事例を「いのちの歴史」から解く
 
第1章 人間が夢をみるに至る発達・教育の過程を説く
 
 第1節 辛い夢をみる事例
 第2節 上達に必須の「量質転化」の構造を説く
 第3節 サルにおける「問いかけ的認識」の芽ばえとはなにか
 第4節 人間における外界の直接の反映は誕生時のみである
 第5節 人間は外界を勝手に描く能力を教育されながら育ってくる
 第6節 外界を反映する神経系のはたらきは労働のありかたで異なる
 
第2章 赤ちゃんの夜泣きと夢の過程的構造を説く
 
 第1節 夜泣きは夢をみる実力をつけたことから始まる
 第2節 辛い夢を理解するために必要なことはなにか
 第3節 夜泣きは発育途上の脳の実力をこえた外界の反映による
 第4節 夜泣きを防ぐ赤ちゃんの睡眠中の育てかたを説く
 第5節 夜泣きと辛い夢との関係への解答
 
第3章 夢の事例を脳の神経と認識の統括から説く
 
 第1節 足のウラの鍛錬は頭脳活動を活発にする
 第2節 脳が誕生する魚類への生命体の運動形態の発展過程を説く
 第3節 魚類の脳は四重構造の統括をするために誕生したのである
 第4節 人間の脳は認識活動の統括をも行なうのである
 第5節 辛い夢をみる患者の実体と認識に働きかけた見事な看護を説く



BACK(紹介に戻る)BACK(一覧に戻る)HOME(トップへ)