>>> 書籍のご紹介/書籍一覧/内容紹介/目次


 
科学的な看護実践とは何か(上)
 

1.『科学的看護論』について
 
 (1) 看護の理論体系の土台となるもの
 (2) 『科学的看護論』の骨子
 
2.看護とは何か
 
 (1) 人間を科学的に見るとは、どういうことか
 (2) 看護であるもの、看護でないもの
 
3.看護の本質 ―いま看護に問われるもの―
 
 (1) 看護はなぜ経験を必要とするか
 (2) 看護における専門常識とは
 (3) ナイチンゲールから学んだこと
 (4) ナイチンゲールを育んだもの
 (5) ナイチンゲールを受け継ぐとは
 (6) 学びの姿勢について
 
4.看護の原点を問う
 
 (1) 「科学的」ということ
 (2) 経験が認識を形成する
 (3) 誰にも共通する頭脳の働き
 (4) 生活過程の中に相手の「考え方」を読む
 (5) 「生物体としてのあり方」と「生活体としてのあり方」
 (6) 対象をどのような観点からとらえるか
 (7) 相手の頭の中を想像する
 (8) 看護の本質 ―看護の役割―



BACK(紹介に戻る)BACK(一覧に戻る)HOME(トップへ)