>>> 書籍のご紹介/書籍一覧/内容紹介/目次


 
人体美学(下巻)
 

序言/懐かしの声・西田先生の著作集
 
【第3部】
 
人体美学応用論
 
(1)日本仏教彫塑像の研究
 
 A.概説
  緒言
  1.序論
  2.地理的認識 松/土の色/実例指示
  3.歴史的認識
  4.仏教文化の東漸
    唐の性格/唐の外来文化/インドの様相/諸作例提示
  5.仏教像関係・諸分類
    像種分類/容姿的(Pose)分類/法量(Size)による分類/
    材料的分類/像体・附属部分の名称/様式的分類(衣紋の皺襞)
    /補遺一束
  6.飛鳥時代
    北魏式(止利式)/斉・隋式/飛鳥における頭身示数過大・
    過小の問題
  7.白鳳時代 塑像/青銅像/薬師寺/補遺
  8.奈良時代 乾漆像/塑像/青銅像・石像/木彫像
  9.弘仁時代
    初期の正統と考えられる作例/飜波式の典型的なグループ/
    檀像彫刻風の作例/明王像/中期の像/肖像彫刻/
    地方色著しい作例/舶来の作例/末期の作例
  10.平安時代 如来像/菩薩像/天部像/肖像/特殊/補遺
  11.鎌倉時代
     概説/仏師略系譜/各派・各人の作例/擬古作/
     宋風作例/肖像彫刻/その他
  12.室町時代
  13.桃山時代
  14.江戸時代
  15.東京時代(仮称)
 
 B.作例研究
  1.仏教像の顔面研究
    序言/飛鳥時代/白鳳時代/奈良時代/弘仁時代/
    鎌倉時代/附記
  2.日本仏教彫刻の微笑形 附記
  3.東西美術における憤激の表情について
    ヨーロッパにおける作例への考察/日本における作例への考察
    /ヨーロッパの作例考察/我が国の作例考察
  4.薬師寺聖観音像の頭身示数について
    研究対象/序/計測法の工夫/計測実施条件/
    像高の実測と身長の算出/頭身示数/生体との比較に関する
    略記
  5.弘明寺鉈彫本尊の測定と考察
    序/本尊測定前の諸問題/本尊の測定/本尊の各部測定/
    測定結果の所見/鑿痕の考察/写真撮影/
    附記/鉈彫形成の問題
  6.東大寺南大門の仁王について
    東大寺南大門の仁王についての一考察
     研究対象としての仁王像/研究対象への参考資料一束/
     実地観察の機会/実地観察の収穫/事後の考察
    東大寺南大門の両仁王像について
     序言/画説所載拙論の要約/仁王像形姿の一般的特徴/
     法量とその比例と頭身示数/両像の骨格想定記入による
     比較と知見/両像の筋想定記入による比較と知見/遠近法的
     制御表現の有無についての考察/吽像の投光効果と曲勢の
     相関性について/南大門・両仁王・配置交換・解説/
     両仁王像の造形的優劣について/補遺
  7.三十三間堂 二十八部衆の観賞
    二十八部衆の美術的な価値/製作の材料と手法/絶妙な表現
    /各像観賞への案内
  8.鎌倉の大仏 鎌倉の大仏はなぜ美しいか/
            鎌倉の大仏が秘める二つの不思議
  9.中尊寺 金色堂の孔雀
    序言/孔雀の装飾化/孔雀の作例概観/
    眼紋羽の比較研究/附記
  10.雲崗石仏巨立像の比例短縮について
     雲崗石仏概説/比例の短縮表現/頭身示数提示/作例の傾向
     /比例短縮の要因/表現効果の問題
 
(2)能面の研究(附:狂言面・その他)
 
 自序
 1.能楽について 能楽の定義/能楽の構成/能楽の種類/
            能楽の起源と要因/謡曲について
 2.能面の名称と種類 能面の名称/能面の種類
 3.能面各論
   悪路王悪尉/能面小面の研究/般若について・般若面の
   系譜探究/狂言面の話/日本の古面/能面の動態表現/
   能面観賞への特殊問題
 4.能面随筆 能面研究開始の思い出/能面随筆@〜G
 5.その他 能狂言面の源流についての考察/獅子頭研究・予想記
 
(3)人体美学の諸問題
 
 1.絵そら事の科学的肯定
   序言/不自然と不必要の存在/池と鯉の理/
   不自然なような自然/茶碗の糸底論/結言/附記
 2.浮世絵の型と幼児表現
   浮世絵の型/型による表現の長短/浮世絵の美女と子供/
   御所人形の幼児表現/浮世絵と人形との相関性/
   若干の応用と帰結
 3.絵画における歪曲の問題
   序説/作例の観察/作例の共通性/作例の解釈/
   次にくる問題/認識の必要/補遺
 4.美術におけるAnamorphosisの一問題について
   問題に対する第1hint/第2hint,図学におけるAnamorphosis/
   第3hint,魚類の形態学上の問題/考察への構想/
   具体的示例/補足的適例/追記
 5.着衣像における肉体の問題
   緒言/作例の吟味/結言/補遺 東洋の作例/附記
 6.女性の姿態美
   肉体美と装飾美/均整美/後面美と側面美/
   静観美と運動美/附記
 7.人体背面美の問題
   体幹の前面と後面の比較/西洋の作例/ギリシャ以後/
   背面美の認識/東洋の場合
 8.写真における運動形表現法の問題
   前提/美術上の表現法の分類/特殊な表現法/
   附記1/附記2/結言
 9.和洋舞踊への一考察と撮影の問題
   脚部の動作の比較/撮影の問題/選択と工夫/
   挿画説明/附記
 
(4)怪奇美
 
 1.グロテスク・ビューティーの発現要因
 2.曽我蕭白筆「柳下鬼女図」
 3.怪奇美の錦絵
 4.河童雑記
 5.Medical Imagery in 12th Century Japanese Scrolls
 
【第4部】
 
付 動物美学
 
 序 動物美学の存在の必然性
 1.民族と動物表現
 2.民族と特定動物
 3.動物体の方位
   動物体の方位/哺乳類中,殊に有蹄類における頭首の
   安定性静止形の水平位について/体制形態による難易方位の
   分類表
 4.動物の体制
   哺乳類の前後・左右体制について/哺乳類正常位・
   腹面方位模型図/各動物の各肢・前進関節・屈曲方向模型図
   /シンメトリー・交叉性運動分類表/獣類の坐臥のポーズ
 5.動物の比例 動物の比例/長頸曲線と鳥の重心支点の位置/
           頸長と肢長
 6.動物の運動
   哺乳類の体幹後屈/ジラフの吻端接地における前脚開脚について
   /哺乳類の後脚外転の例/坐立における四肢の順序
 7.Buildの問題
 8.動物のプロポーション作図集
   ジラフのプロポーション/ジラフの作図法/ジラフをゼブラの
   プロポーションに伸縮したデフォルマシオン指示図/
   ゼブラの作図法/ゼブラの頭首プロポーション/ギボンの
   プロポーション/ゴリラの顔面プロポーション/オランウータンの
   プロポーション/チンパンジーのプロポーション/猿類の
   上肢:下肢のプロポーション/蝙蝠の集弧的形体/洞角の曲勢
 9.象の美術
   象の体型と美術/殷の象/アフリカ象の耳介の大きさ/
   インド象 頭首:耳介/アフリカ象・親仔のプロポーション比較図
   /象集/インド象・アフリカ象・マンモスの側面図
 10.犀の美術
    多摩動物公園見学記/犀の外皮皺襞の名称と区画/
    犀のプロポーションによる充実性/正倉院御物における斑犀・
    水犀・烏犀・白犀/犀に関する地名/
    水犀(鳥羽僧正・鳥獣戯画 第2巻『鳥獣写生巻』)
 11.虎の美術
 12.獅子の美術
    獅子/ライオン頭首から獅子頭への変形/記憶にあるライオン・
    獅子関係・総メモ/ルーベンスのライオン/哺乳類の旋毛表現の
    作例
 13.駱駝と美術 序/駱駝の動物学的解説/我が国と駱駝/作例解説
 14.牛の美術
    彫像における方位の同存化表現/側面性牛頭首と前面性両角と
    側面性耳介の関係を示す諸作例/側面性牛頭首における両角と
    耳介との相関関係について
 15.馬の美術
    馬のプロポーション/馬のムーブメント―ポーズ可能のリミット
    /蹄の表現様式について/馬の顔面の顎円線の問題/
    馬の外貌に おける下顎枝外側外表形の問題 附・パルテノンの
    馬の二重瞼/馬の顔面/馬・人の頭首側面よりの
    デフォルマシオン/パルテノンの馬首
 16.狐と狸 狐と狸/狐:狸
 17.熊の形体の擬人化表現
 18.養源院・杉戸絵の怪獣,その名称の考証
 19.絵画における竜の大開口形状についての論究
 20.能楽と動物
 21.十二支 十二支の動物相の考察/十二支圏動物考/
         十二支動物は何処の国で定められたか
 22.鳥獣戯画 鳥獣戯画の特異性について/
          鳥獣戯画の蛙の顔について/鳥獣戯画の中の兎
 
西田正秋略歴
上下巻索引



BACK(紹介に戻る)BACK(一覧に戻る)HOME(トップへ)